痛み0で憧れの白い歯になる!
セルフホワイトニングなび
白い歯を目指すあなたへ。セルフホワイトニング情報全公開!
セルフホワイトニングなび » 歯の黄ばみの原因は?汚れタイプから知るステイン除去法 » 口内環境

口内環境

このページでは、口内環境によって歯の黄ばみやすさが変わることやその対策について解説していきます。

口内環境で変わる口の中

口の中の環境は人によってさまざま。どんなに歯ブラシをしても虫歯になる人もいれば、既に深い虫歯になって神経を取った歯がある人など多種多様ですね。
歯並びが悪い人もいれば歯周病の人もいるでしょう。

このようなお口の中の環境、つまり口内環境によっては歯が黄ばんでしまったり汚れが付着しやすくなるといえます。
これには歯磨きのしやすさ、食べ物や飲み物の残りやすさ、細菌の数などいろいろな条件が挙げられます。

どうして歯が黄ばみやすくなるのか

例えば、虫歯がある人の口の中を想像してみましょう。
穴が開きそこにはいつも汚れが残りやすくなります。虫歯にはC0~C4までのステージがありますが、いったんC0になると歯の表面にはざらつきができてしまいます。
そうするとざらついた部分には口に入った食べ物や飲み物がくっついて取れにくくなるのです。さらに虫歯は進行していき、穴は象牙質の奥へと広がっていきます。
虫歯菌にやられた象牙質は茶色から黒っぽい色へと変化して、エナメル質を通してその色が透けて見えてきます。これは黄ばみを通り越した不自然な色といえます。

また、神経のない歯は変色して黒ずんでしまいます。
これは象牙質に栄養が届かなくなり、枯れ木のような状態になったためで、この色は元に戻すことはできません。前歯だととくに目立ってしまいますね。

歯並びが悪い人も窪みや重なりの部分に食べ物や飲み物が残りやすいため着色が着きやすくなります。
口の中の悪玉菌が多い人は、歯垢や歯石などの汚れがつきやすくなります。これらの汚れは着色を吸収しやすいため色がついて黄ばんできます。

黄ばみはどうすればいい?その対策法とは!?

まずは定期的に歯の検診を受け、虫歯の治療を積極的にすることが大切です。

初期虫歯であれば再石灰化が促されるようフッ素の歯磨き剤やジェルを活用するなどして歯の質の強化を図りましょう。
神経のない歯に対してはなかなか難しいです。
ホワイトニングの薬剤によっては、神経のない歯も白くなるといわれている物もあるようですが、現実的には思ったようにきれいにならないことも多いようです。その場合は被せてしまった方がきれいになることもありますので、歯科医院で相談してみてください。

歯並びの悪い人は矯正治療を受けて歯並びを改善するか、あるいは適切な歯磨き法をきちんとプロである歯科衛生士に教わり、定期的なチェックも受けてクリーニングなどを行うことをおすすめします。
歯ブラシが行き届くようになれば口の中の細菌も活動性を失い汚れが付着するのを妨げることができます。こびり付く前に取る、というのが最善策といえるでしょう。

セルフホワイトニングは痛みが出ないので急いで白くしたい場合はオススメですが、基本的には虫歯の治療を済ませてからをおすすめしています。薬剤が何らかの形で虫歯部分に刺激を与える可能性もありますので、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは必ず虫歯治療が済んでからとされています。

サロンを徹底比較!セルフホワイトニングランキングはこちら
わたしたち、セルフホワイトニングしてきました!
hitomiさん
Reporter hitomiさん
コーヒー・お茶大好き♡

全体的な歯の黄ばみがお悩みで、笑う時が気になってしまうそう。
hitomiさんのセルフホワイトニングレポ >>
飯岡円香さん
Reporter 飯岡円香さん
オフィスホワイトニング経験済み

歯のお手入れに力を入れていますが、オフィスホワイトニングの料金の高さで挫折…。
飯岡円香さんのセルフホワイトニングレポ >>
衣紗子さん
Reporter 衣紗子さん
色素沈着を引き起こしやすい

お好みは、赤ワインやカレー♡やや辛口なセルフホワイトニング体験談です!
衣紗子さんのセルフホワイトニングレポ >>
 
▲ページトップへ
痛みゼロで憧れの白い歯になる! セルフホワイトニングなび