痛み0で憧れの白い歯になる!
セルフホワイトニングなび
白い歯を目指すあなたへ。セルフホワイトニング情報全公開!
セルフホワイトニングなび » 歯の黄ばみの原因は?汚れタイプから知るステイン除去法 » 飲み物・食べ物

飲み物・食べ物

このページでは、歯の汚れや黄ばみの原因となる食べ物や飲み物についてその種類や対策などを具体的に解説していきます。

歯の汚れや黄ばみと食べ物飲み物の関係

歯の色が黄色い、あるいは汚れていると悩む人は実は多いようです。特にホワイトニングが認知されてから特に歯を白くきれいにしたいと思う人は増えてきました。それだけ歯に対しての意識が高まってきたといえますが、その黄ばみや汚れは毎日の習慣の中で気づかないうちに着いているのです。

まず歯の黄ばみの原因はなにか、ということについてお話しましょう。歯が黄ばんで見える理由はいくつかありますが、最もよく見られるのが、外側からできた着色です。

着色は、特に食べ物や飲み物など日常的に口にするものが原因で歯に色素が着いてしまったものを言います。
基本的には歯の表面に着いているのでこすり落としたり浮き上がらせたりなどの方法でたいていは取り除くことができます。

ただし、初期虫歯や生まれつき歯の表面に形成不全というざらつきのある人、あるいは研磨剤などで歯に傷がついている人などは着色が入り込んで、非常に取りにくくなります。

どんな食べ物や飲み物があるのか

着色しやすい食べ物や飲み物はいろいろなものがあります。

  • ポリフェノールを含むもの・・・赤ワイン、チョコレート、ブルーベリーなど
  • 酸性の強いもの・・・レモン、グレープフルーツなど
  • 着色料の色が強いもの・・・カレー、ケチャップ、しょうゆ、ソースなど
  • タンニンやカテキン・・・コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン

これらの食品に含まれている成分がエナメル質に働きかけて表面の膜にしっかりこびりついて沈着することがわかっています。
中には酸性の強いフルーツのように歯の表面を酸によって荒らしてしまうために着色しやすくなるものもあります。

基本的に、食事や間食の後に口の中は、酸性に傾きます。そうすると歯の表面からわずかにミネラル分が溶けだしてしまう脱灰という状態になるため、歯の表面がでこぼこになってしまいます。この窪んで薄くなったエナメル質部分から内側にある黄色味の強い象牙質の色が透けて見えやすくなるといえます。

着色の予防と対策は?

このような着色は、基本的には食べた物や飲んだ物が原因で起こります。
一番いいのは着色の着きやすい食品はできるだけ避けることにつきます。ただなかなかそうもいかないのが現状ですね。

そこでオススメしたいのは、食べた後には早めに歯を磨くこと。ただし食後に荒れてしまった歯の表面をいきなりゴシゴシ磨くとさらに傷がついて悪化させる原因にもなりかねませんので、まずはキシリトールガムなどを20~30分程度よく噛んでから歯磨きをしましょう。こうすることで口の中がすばやく酸性から正常な状態へと復活し歯の表面の再石灰化が促されます。

また、ステイン除去効果のある歯磨き剤を使ったり、定期的に歯医者さんでPMTCなどのクリーニングを受ける、セルフホワイトニングなど安全な薬剤を使ってこびり付いた汚れを落とすといいでしょう。そしてどんな場合でも、最後に歯のコーティング効果のあるジェルなどで歯質の強化や修復をすることをおすすめします。

サロンを徹底比較!セルフホワイトニングランキングはこちら
わたしたち、セルフホワイトニングしてきました!
hitomiさん
Reporter hitomiさん
コーヒー・お茶大好き♡

全体的な歯の黄ばみがお悩みで、笑う時が気になってしまうそう。
hitomiさんのセルフホワイトニングレポ >>
飯岡円香さん
Reporter 飯岡円香さん
オフィスホワイトニング経験済み

歯のお手入れに力を入れていますが、オフィスホワイトニングの料金の高さで挫折…。
飯岡円香さんのセルフホワイトニングレポ >>
衣紗子さん
Reporter 衣紗子さん
色素沈着を引き起こしやすい

お好みは、赤ワインやカレー♡やや辛口なセルフホワイトニング体験談です!
衣紗子さんのセルフホワイトニングレポ >>
 
▲ページトップへ
痛みゼロで憧れの白い歯になる! セルフホワイトニングなび