痛み0で憧れの白い歯になる!
セルフホワイトニングなび
白い歯を目指すあなたへ。セルフホワイトニング情報全公開!
セルフホワイトニングなび » 歯の黄ばみの原因は?汚れタイプから知るステイン除去法 » ホルモン・加齢

ホルモン・加齢

このページでは、歯の黄ばみの原因のひとつであるホルモンや加齢について解説していきます。

歯の黄ばみとホルモンや加齢との関係

ふと鏡を見た時に、歯が黄ばんでいるのに気付いた時はありますか?
タバコを吸うからかな、お茶をよく飲むからかな、と思っている人も多いでしょうが、実は歯が黄ばむ原因として挙げられるものに加齢とホルモンがあるのです。

加齢はさまざまな体の状態の変化が、大きな要因となっています。
これは歯も同じで、加齢によって歯そのものの構造に少しずつ変化が起こります。これが歯の黄ばみの原因となるのです。

また、年齢を重ねるとほとんどのホルモンの分泌が減少してきます。その中には口の中の環境を左右するホルモンも含まれています。これが歯が黄ばみやすくなる環境を作っているのです。

どのようにして歯が黄ばむのか

歯の色は歯の内側にある象牙質という組織の色に関係しています。
具体的には、歯の黄色みがかった色は象牙質の色が半透明なエナメル質から透けて見えることが理由なのです。

歯は象牙質の表面をエナメル質という半透明で硬い組織が覆っているのですが、加齢と共にこの象牙質が厚くなると同時にエナメル質が薄くなっていきます。そのため厚くなることで黄色味を増した象牙質の色が薄くなったエナメル質から透けて見えやすくなるため以前より黄ばんで見えるのです。

そしてもうひとつ覚えておきたいのが、ホルモンの影響です。
歯の黄ばみを悪化させる原因となるのが唾液の分泌の低下なのですが、これには女性ホルモンであるエストロゲンが関係していると言われています。
加齢と共にエストロゲンが減少すると唾液の分泌が悪くなり口の中や歯の表面が乾燥してしまいます。そうすると着色汚れなどがこびり付きやすくなるのです。もちろんこの状態は口臭や虫歯、歯周病の原因ともなりますので注意が必要です。

どう対処すればいいのか

加齢やホルモンの減少はストップするのは困難ですね。この原因で歯が黄ばんできた場合、ステイン除去用の歯磨き剤や歯ブラシなどで白くするのはとても難しいことです。
年齢によるやホルモンの分泌の減少を抑えるためには、健康的で規則正しい生活を心がけましょうとよく言われますが、実際にはそれほど劇的な効果があるというわけではありませんね。
ただ、お口の乾燥を防ぐためにはキシリトールガムをよく噛んだり、こまめに水分を取る、舌の運動をする、などが効果的です。
そこでおすすめなのがセルフホワイトニングです。セルフホワイトニングは表面に着いた着色や、汚れを落とす働きがあるほかに、専用の機器を使って白くする効果があるとされています。何度か続けるうちに、今より2~4トーン明るくなるでしょう。歯を傷めることもありませんので、エナメル質が薄くなって知覚過敏が起こりやすい歯でも、ダメージを与えず、おすすめです。

サロンを徹底比較!セルフホワイトニングランキングはこちら
わたしたち、セルフホワイトニングしてきました!
hitomiさん
Reporter hitomiさん
コーヒー・お茶大好き♡

全体的な歯の黄ばみがお悩みで、笑う時が気になってしまうそう。
hitomiさんのセルフホワイトニングレポ >>
飯岡円香さん
Reporter 飯岡円香さん
オフィスホワイトニング経験済み

歯のお手入れに力を入れていますが、オフィスホワイトニングの料金の高さで挫折…。
飯岡円香さんのセルフホワイトニングレポ >>
衣紗子さん
Reporter 衣紗子さん
色素沈着を引き起こしやすい

お好みは、赤ワインやカレー♡やや辛口なセルフホワイトニング体験談です!
衣紗子さんのセルフホワイトニングレポ >>
 
▲ページトップへ
痛みゼロで憧れの白い歯になる! セルフホワイトニングなび