痛み0で憧れの白い歯になる!
セルフホワイトニングなび
白い歯を目指すあなたへ。セルフホワイトニング情報全公開!
セルフホワイトニングなび » オフィス・ホーム・セルフどれがおすすめ? ホワイトニング徹底比較! » コスパNO.1はどのホワイトニング?

コスパNO.1はどのホワイトニング?

このページでは、オフィス・ホーム・セルフのホワイトニングそれぞれの料金を比較してコスパ最強はどれかを分析。おすすめのホワイトニング法はどれかを探ります。

3つのホワイトニングの料金相場とその理由

セルフホワイトニング、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、この3つのホワイトニングの、相場について調べて紹介しています。それを基にコスパはどのホワイトニングが一番いいのかを検証していきましょう。

  セルフホワイトニング ホームホワイトニング オフィスホワイトニング
料金相場 5,000円前後 20,000円前後 10,000~
100,000円
前後
特徴

セルフホワイトニングとは、酸化チタンを含んだジェルを自分で塗り、LEDライトを照射して白くするホワイトニング。

歯や身体への影響が少なく、安全性の高い薬剤を使い、自分ですべて行います。

そのため、人件費がかからず、薬剤費と機器の使用料+α程度の料金ですむためリーズナブルにできます。

歯の本数に関わらず、料金が一律なのも、セルフホワイトニングの特徴です。

前歯をホワイトニングする人が多いようですが、奥歯まですることも可能です。

ホームホワイトニングは自宅にいるとき好きな時間に自分でできます。

ただし、初めに歯医者さんで歯の型を取り、専用のマウスピースを作る必要があります。

保険がきかないためマウスピースの費用と専用の薬剤の購入費用が必要となりますので、料金はやや高めの設定。

歯の本数には関係なく使用できます。

オフィスホワイトニングは、歯医者さんで濃度の高い過酸化水素などの強い薬剤を使って歯科衛生士が処置を行います。

これらの薬剤は歯や歯茎に対して刺激が強いため、歯科医師の管理の下で行わなければいけません。

また専用のライトを照射する方法が一般的で、そのための専用機器も必要となります。

通常、単価を1歯ごとに料金を出しているところが多いため、例えば上の前歯6本なら単価×6本という計算になります。

したがって、各歯科医院が設定している1歯当たりの単価と本数で、金額は異なってくるため、幅を持たせて記載しています。

ホワイトニングの料金設定がバラバラなのは?

ホワイトニングは、基本的に薬剤を使って歯を白くする処置。その考え方の根本はオフィス・ホーム・セルフのどの方法でも同じです。

ただ、使う薬剤の種類や濃度、使用する機器、安全性などいろいろな点で違いがあります。そのため方法や効果の出方、持続する期間などそれぞれに特徴を持っています。その中でも特に気になるのは料金設定ですね。
表でもわかるように、一般的に歯医者さんで受けるオフィスホワイトニングの料金は高めに設定されています。強い薬剤を使ったり、特殊な機器を使うために、この料金設定になっています。

サロンを徹底比較!セルフホワイトニングランキングはこちら
わたしたち、セルフホワイトニングしてきました!
hitomiさん
Reporter hitomiさん
コーヒー・お茶大好き♡

全体的な歯の黄ばみがお悩みで、笑う時が気になってしまうそう。
hitomiさんのセルフホワイトニングレポ >>
飯岡円香さん
Reporter 飯岡円香さん
オフィスホワイトニング経験済み

歯のお手入れに力を入れていますが、オフィスホワイトニングの料金の高さで挫折…。
飯岡円香さんのセルフホワイトニングレポ >>
衣紗子さん
Reporter 衣紗子さん
色素沈着を引き起こしやすい

お好みは、赤ワインやカレー♡やや辛口なセルフホワイトニング体験談です!
衣紗子さんのセルフホワイトニングレポ >>
 
▲ページトップへ
痛みゼロで憧れの白い歯になる! セルフホワイトニングなび